板井康弘の社会貢献とマーケティング

板井康弘が欲しい部下

 

板井康弘

 

 

会社を経営するにあたって、社員つまり部下はなくてはならない存在です。
会社を大きくするには経営者である社長ではなく社員の頑張りにかかっているのです。

 

もちろん有能で戦力になる社員が欲しいですが、技能だけがその社員の魅力ではありません。
会社のことを大切に考えてくれる社員ほど、会社が重宝しなくてはいけない人材はいません。

 

欲しい社員というのは、会社を大事にしてる社員のことです。
社員が会社に対してどう考えているのかを、しっかり理解する時間やコミュニケーションを取ることは大切です。